すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム
すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム
すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム
すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム
材料(玄武岩の玄さん)
お米 おにぎり1個分
黒ごま・塩 少々
マヨネーズ・コショウ 少々
焼き海苔 1枚
ジャガイモ 1きれ
大根 1きれ
茄子 1本
ゴボウ 1本
稲荷揚げ 2枚
きんぴらゴボウ 少々
黒豆 2個
牛肉 1きれ
ピーマン・パプリカ 各1個
ミニトマト 3〜4個
ウインナー 2〜3本
小芋 3〜4個
玄武岩の玄さん


「顔の黒色の作り方」
 黒ごまや黒ごまペーストを白い食材に混ぜて使うと、グレー色の食材を表現
 できます。

「稲荷揚げの使い方は色々」
 開いてシートにしたり、細く切って輪にしたり、半分に切って開けば袋になります。

「カニさんウィンナーの作り方」
 ウインナーに切り込みを入れてフライパンで挙げるときれいに出来ます。
 詳しくはSTEP5をご覧下さい。



玄さんの作り方
【頭の部分】
・白ご飯にごま塩を混ぜたもので「玄さん」の顔の形を作ります。
・裏ごししたジャガイモに黒ごまペースト、マヨネーズ、コショウを合わせて
 「黒いハッシュドポテト」を作ります。
 (黒ごまペーストの量に注意して下さい)
・顔のパーツは焼き海苔を切って作ります。
・玄さんの鉢巻きは、大根を細く切って塩水に浸けた後、三つ編みにします。
・おにぎりの表面にに「黒いハッシュドポテト」を塗りつけます。
 (型枠を使うと便利です)
・顔の隅を包丁で切って形を整えます。
・顔のパーツを配置して、出来あがりです。
【胴体と腕部分】
・茄子を腕と胴体の形に切ります。
・胴体はお腹の部分の皮を剥いて、腕部分と一緒に油で素揚げします。
・お腹の「玄」マークは、焼き海苔を切って形を整えます。
・腹巻きは、ゴボウを桂剥きにして作ります。
・ベルトは焼き海苔と桂剥きにしたゴボウで作ります。
【足部分】
・稲荷揚げを切り開いてシート状にします。
・開いた稲荷揚げできんぴらゴボウを巻いて包みます。
・2本作ったら茄子の胴体の下に入れ、黒豆を靴にして足部分が完成です。
【牛カツ】
・サイコロ状に切った肉を油で揚げます。
【ピーマン・パプリカ】
・細く切ったものを素揚げにします。

牛カツ、ピーマン、パプリカ、ミニトマトを切って串に刺して盛りつけアイテムを
 作ります。

【カニさんウィンナー】
・ウインナーの中央付近に縦切り込みを2本入れ、その間に×印に切り込みを
 入れます。
・ウィンナーをフライパンで炒めると、切り目が開いてカニさんになります。
【小芋の含め煮】
・だし汁と調味料を合わせたものに個芋を入れて、弱火で味を含ませます。

すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム
すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム

※ 当番組では全ての料理を日本トリムの整水器から作られた電解水素水を使って調理しています。 すごいね!ご当地キャラ弁!supported by日本トリム