日本トリム グループビジョンについて


日本トリムについて

日本トリムHOME >> 日本トリムについて >> 事業紹介>> 農業分野

事業紹介

農業分野

還元野菜整水器
「電解水素水」で農作物を高品質に。日本の農業への貢献を目指して
還元野菜整水器 TRIM AG シリーズ

日本トリムでは、電解水素水の新たな可能性を開拓すべく、農業への応用を進めています。

家庭用整水器の開発・研究を長年続けてきた当社の技術を駆使し、2014年10月に農業用整水器「還元野菜整水器」を製品化しました。
水道水や地下水を電気分解し、その水を作物へ散布や灌水することにより、作物の高品質化や収穫量増加が期待ができます。

現代の農業において高齢化・低収益等が課題となる中、高品質・高収入な生産を期待できる「電解水素水」で日本の農業への貢献を目指しています。

還元野菜整水器「TRIM AG シリーズ」の製品情報はコチラからご覧下さい

還元やさい
「還元野菜®」とは…?

日本トリムが独自開発した還元野菜整水器によって生成される電解水を使って育てた「水」にこだわった野菜の新ブランドです。

電解水素水を農作物に使用すると、抗酸化成分を多く含んだ野菜が生産でき、さらにその収穫量増加が期待できます。還元野菜は野菜生産に必要不可欠な”水”に焦点を当てて育てられた野菜です。


「還元野菜」流通のビジネスモデル

当社がより多くの農家に還元野菜整水器を普及させることで、農家収益の向上により日本の農家が活性化し、食糧自給率の向上にも繋げることができます。そして将来的に安心安全で高品質(抗酸化性等の機能性)な国産野菜の供給に寄与できると考えています。

農家メリット : 収穫量向上、価格優位性(機能性・味・高品質)
消費者メリット : 機能性・味・高品質

研究開発・メカニズムの検証

電解水による農作物の高品質化、収穫量増加のメカニズムを検証するため、高知県にて高知大学・JA南国市と共同研究を実施しています。

分けつが電解水素水で優勢 ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY

共同論文掲載 国際学術誌
「ENVIRONMENTAL CONTROL IN BIOLOGY」
2014年6月号

メカニズムの検証

電解水で栽培することにより、養分吸収率の増加や、植物の酸化ストレスが緩和されるなどの相乗効果で生育促進に繋がったと仮説し、検証を進めています。

養分吸収検証データ(高知大学農学部)

※作成した培養液は植物に吸収され液量が減少します。そのため養分吸収が少ないと培養液は濃縮されて濃くなります。

※植物が吸収することで液量が減少するので、一定期間ごとに培養液を全て交換しています。(グラフ中6日、12日、18日、22日)

酸化ストレス緩和検証データ(高知大学農学部) 酸化ストレス緩和検証データ(高知大学農学部)


PAGE UP