ニュース一覧

日本初の電解水設備を導入した 最先端のオランダ式園芸用大型ハウスが竣工。


日本初※1の電解水設備を導入した
 
最先端のオランダ式園芸用大型ハウスが竣工。
 
官民学の連携により「還元野菜プロジェクト」が本格始動

 
 
パプリカ、ピーマンを年間132トン栽培




 整水器シェアNo.1の日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)が連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民学による「還元野菜プロジェクト」のもと、高知県南国市に日本初※1の電解水設備を導入したオランダ式園芸用大型ハウスがJA南国市により建設され、2月1日に落成式が行われました。


 当施設は、高知県、南国市からの補助金など約3.4億円で建設され、湿温度自動管理、二酸化炭素制御、環境制御設備など最先端設備を備えるオランダ式高軒高ハウスに、さらに当社の農業用電解水素水整水器を導入したものです。還元野菜®(パプリカ、ピーマン)を年間132トン栽培することを計画しております。当ハウスの設立により、「還元野菜プロジェクト」が本格的に始動いたします。当プロジェクトは、農林水産省補助事業の助成金※2も得ており、今後、電解水素水による高品質、高付加価値野菜の栽培技術の確立及び育成効果の実証を精力的に推進し、国内普及のみならずグローバルな展開を目指してまいります。

(※1:オランダ式園芸用大型ハウスで、電解水設備を備えた施設は国内初の試みとなります
※2:農林水産省補助事業「農業界と経済界の連携による先端モデル農業実証事業」(平成28年度)に採択。3年間の研究費に対し、2,500万円助成金)
   
 
 
 
 
■オランダ式園芸用大型ハウス概要


オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の農業生産物輸出国であり、狭い国土を有効活用し高収益をあげる農業手法を確立してきました。当ハウスでは、そのオランダ式農業手法の1つである高軒高設計を採用し、限られた土地での高収量を目指します。また自動温度管理、環境データ測定器など最先端技術を導入することで天候の影響を受けにくく、安定的な収穫が期待できるとともに、研究用データの取得環境としても適しております。 
 
・規模:ハウス面積約6,928㎡(約70アール)、軒高5.5m
・建設費:3.4億円(高知県補助金46%、南国市補助金31%、他事業者負担)
・主な付帯設備:自動温度湿度管理設備、炭酸ガス発生設備、環境制御設備、環境データ測定装置、養液栽培システム一式、還元野菜整水器(6台)など


ニュースリリース全文はコチラ