日本トリムは、電解水素水(還元水)をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指します。


ニュース&トピックス

HOME >> ニュース&トピックス >> 2016年新着情報 >> 電解水素水を保存容器に入れた場合の時間別溶存水素濃度の計測結果について

  • 最新情報をお届けします! メールマガジンのご登録はこちら

2016年 │ 新着情報

2016/07/25
電解水素水を保存容器に入れた場合の時間別溶存水素濃度の計測結果について

電解水素水整水器で生成した電解水素水を保存容器に入れた場合の溶存水素濃度を時間別に計測しましたので発表いたします。

■方法
当社で使用するペットボトルを保存容器として使用し、電解水素水の使用期限である48時間までの
溶存水素濃度を測定しました。

■条件
ペットボトルに電解水素水整水器トリムイオンHYPERで生成した電解水素水を満タンに入れ密封し、常温(22℃)で保存し、48時間後まで経過時間ごと(0、2、4、6、8、12、24、48時間)に測定しました。

測定器:東亜ディーケーケー株式会社 DH-35A(S/N 668358)
測定場所:大阪府大阪市

■結果
ペットボトルに満タンで密閉保存した場合、常温では12時間まではおよそ7割の溶存水素濃度をキープしていることが分かりました。

※出来る限り生成したての新鮮な電解水素水の飲用を推奨致します。

水素濃度経過



PAGE UP