研究開発 発表論文一覧電解水素水関連論文一覧

Cytotechnology(サイトテクノロジー)

アロキサン誘導アポトーシスとI型糖尿病に対する電解還元水の抑制効果

活性酸素種を消去できる電解還元水は、糖尿病を含む様々な病気に対して改善効果が見られることから最近注目されている。アロキサンは活性酸素種を生成しインスリン生産ベータ細胞への可逆的酸化障害により実験動物のⅠ型糖尿病の原因となる。我々は、HIT-T15膵臓ベータ細胞におけるアロキサン誘導DNA断片化とsub-G1フェーズ細胞の生産を電解還元水が予防することを示した。アロキサン誘導Ⅰ型糖尿病モデルマウスの血糖レベルは、電解還元水を与えられたマウスで有意に低下していた。これらの結果から、電解還元水はアロキサン誘導の活性酸素種生成を緩和することによってⅠ型糖尿病モデルマウスの症状進展と膵臓ベータ細胞のアポトーシスを予防できることが示唆された。


■ニュースリリース全文はコチラからご覧いただけます。

関連リンク