水道水にはなぜ塩素が含まれているのか?
健康に害はない?

水道水にはなぜ塩素が含まれているのか?
健康に害はない?

水道水にはなぜ塩素が含まれているのか?健康に害はない?

水道水は、私たちがもっとも手軽に安心して利用できる水の一つです。
日本の水道水には、塩素が使われています。
これによって水道水の安全性が確保されているわけですが、一方で健康への影響が気になるという声も聞かれます。
ここでは、水道水に含まれる塩素について、その必要性や健康への影響、除去する方法などをご紹介します。

水道水にはなぜ塩素が含まれているのか?

水道水にはなぜ塩素が含まれているのか?

水道水に塩素が使われているということは、多くの方がご存知だと思います。
では、その理由は何なのでしょうか?
実際にどのくらいの量の塩素が含まれているのでしょうか?
まずは水道水の塩素についての基本的な知識をまとめました。

水道水に塩素が含まれる理由

水道水に塩素が含まれているのは、消毒のためです。
水道水の原水となる河川や湖の水には、さまざまな病気の原因となる微生物などが含まれている恐れがあります。
塩素には強い殺菌力があり、このような病原微生物の細胞膜を破壊して死滅させるのです。

そして消毒された水は、外部から雑菌等が侵入することのない様、水道管を通って各家庭まで運ばれていきます。
日本の水道水は世界的に見ても非常に安全性が高いことで知られていますが、その理由の一つは塩素消毒がきちんと行われているからなのです。

水道水の塩素の量

水道法では、安全性の観点から蛇口時点での水道水中の残留塩素を0.1mg/L以上保持するように定められています。
一方、水質管理項目の中では、味やにおいの観点から1mg/L以下という目標値も設けられています。
また、各水道局において独自に残留塩素の目標値を0.3~0.6mg/L以下程度に設定していることも多いです。
実際の残留塩素の量は原水の水質などによっても異なりますので、お住まいの地域の水道局の情報等を確認していただくことをおすすめします。

水道水の塩素の量

水道水に含まれる塩素の健康への影響

水道水に含まれる塩素の健康への影

水道水を消毒するためになくてはならない塩素ですが、「人体への影響はどうなの?」と気になっている方も多いと思います。
そこでここからは、水道水の塩素による影響について見ていきます。

健康への悪影響は
基本的にない

「水道水の残留塩素を摂取してしまうことで悪影響があるのでは?」と思っている方も多いかもしれません。
しかし、水道水に含まれる残留塩素の量はごくわずかであり、摂取しても人体への悪影響はないと言われています。
水道水をそのまま飲んでも、残留塩素による健康上の問題が生じる心配は基本的にありません。

カルキ臭の原因になることも

水道水中の塩素は健康への影響はないと述べましたが、水質管理項目の中で目標値が設定されているように、味わいやにおいの面では影響が生じることがあります。
水道水を使うときに、独特の「カルキ臭」を感じたことがある方も多いかもしれません。塩素消毒されているプールでもお馴染みの、鼻にツンとくるようなにおいです。お住まいの地域や季節によっては、水道水に使われる塩素の量が多くなり、それによってカルキ臭が生じることがあります。カルキ臭はそのまま飲むときにはもちろん、飲み物や料理を作るときにも影響を与えることがあると言われています。

そのほかに、残留塩素による髪や肌への影響が気になるという方も多いようです。また、金魚などの生き物を飼っている方は、塩素の入った水道水をそのまま使うのは不安ではないかと思います。
このような理由から、水道水の残留塩素を低減あるいは除去したいと考える方が増えているのです。

カルキ臭の原因になることも

水道水から塩素を
除去する方法

水道水から塩素を除去する方法

では、水道水から残留塩素を除去してよりおいしく楽しむためには、どうしたらよいのでしょうか?
塩素を除去する方法と、その場合の注意点をご紹介します。

整水器や浄水器を使う

塩素を除去するもっとも簡単な方法は、浄水器や整水器を使うことです。
これらの機器は、活性炭などのろ材によって水道水中の残留塩素をブロックする機能を持っています。
浄水器は水道水から残留塩素などの不純物を除去することを目的としたもので、整水器は浄水後さらに電気分解し、水素を含んだアルカリ性の水を生成するという特徴も兼ね備えています。(お薬を飲まれる際や赤ちゃんのミルク作りなどには浄水に切り替えて使うことができます)

いずれも水道蛇口などに連結することで連続的に水道水を浄水できることから、多くの家庭で利用されるようになっています。
なお、残留塩素をきちんと除去するためには、決められた期間ごとにカートリッジを交換することが大切です。

その他の方法

そのほかにも、水道水中の塩素を除去する方法としては次のようなものがあります。

01 煮沸

煮沸

塩素を除去する方法としてよく知られているのが、水道水を煮沸するというものです。塩素を抜くためには5~10分間ほどしっかりと沸騰させ続ける必要があると言われています。

02 汲み置き

汲み置き

塩素を抜くためには、水道水を汲み置きするという方法もあります。
なるべく日光に当てるようにし、6時間~2日間くらいは置いておく必要があるとされています。

03 ビタミンCと反応させる

ビタミンCと反応させる

ビタミンCを多く含むレモン汁などを投入することで、還元反応を起こし、塩素を中和することができると言われています。ビタミンC粉末などの除去剤も販売されています。

塩素除去した場合の注意点

上記のような方法で塩素を除去した水の扱いについては、注意も必要です。
塩素が除去されることで、雑菌などが繁殖する恐れがあります。
塩素を除去した後はなるべく早く使い切るようにしましょう。
保管する場合は、清潔な密閉容器などに入れて冷蔵庫に入れるようにし、2日以内~出来ればその日のうちに使い切ることをおすすめします。

トリムの製品については
こちら

トリムの製品についてはこちら

おすすめコンテンツ