水素水(電解水素水・アルカリイオン水)の効果について

水素水(電解水素水・アルカリイオン水)の
効果について

水素水(電解水素水・アルカリイオン水)の効果について

「水素水の効果について知りたい」という方も多くいらっしゃると思います。
水素水と一口に言っても、いくつかの種類があり、それによって特性も異なります。
ここでは、日本トリムの整水器で作られる電解水素水(アルカリイオン水)について、その特徴や効果をご紹介します。

水素水とは?

水素水とは?

水素水ブームとも言える現代では、さまざまなところで水素水を目にすることがあります。
しかし、それらはどれも同じではありません。
まずは、水素水とはどのような水で、どのような種類があるのかということをご説明します。

水素水とはどんな水?

水素水とは文字通り、「水素を含んだ水」のことです。
多くの場合、原水に何らかの処理を施すことによって水素を含ませています。

水素水の種類

水素水は、容器入りのものがドラッグストアなどで販売されているほか、マグネシウムの入ったスティック等をペットボトルの水に入れて水素を発生させるタイプのものや、サーバー・整水器などを使って水を電気分解するものがあります。

日本トリムの整水器は電気分解の原理を利用して、連結させた水道から素早く連続的に電解水素水を生成することが可能です。

水素水の種類

電解水素水
(アルカリイオン水)
とは?

電解水素水(アルカリイオン水)とは?

水素水の中でも、整水器を使って水道水を電気分解することにより陰極側に生成される水を「電解水素水」と呼びます。
電解水素水には、ほかの水素水とは異なる特徴があります。
ここでは電解水素水の特徴や効果をご紹介します。

電解水素水
(アルカリイオン水)の特徴

電解水素水には、
次のような特徴があります。

01 アルカリ性である

アルカリ性である

水道水を電気分解すると、陰極側では水素とともに水酸イオンが発生します。
そのため、電解水素水はアルカリ性を示します。日本トリムの整水器で作られる電解水素水はpH9.0~10.0の弱アルカリ性です。

02 ミネラル類が原水と比べて増加する

ミネラル類が原水と比べて増加する

水道水を電気分解することで、プラスイオン(カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン等)であるミネラル類が陰極側に引き寄せられます。水質等によっても異なりますが、電解水素水は原水に比べて5~20%ミネラル類が増加します。

03 残留塩素が除去されている

残留塩素が除去されている

多くの整水器には、浄水機能が付帯しています。水道水を電気分解する前の段階で、残留塩素や不純物などを除去しているのです。そのため電解水素水は水道水と比べてまろやかで飲みやすいという声も聞かれます。
また、お飲み物や料理を作るときにも安心してお使いいただけます。

電解水素水(アルカリイオン水)の効果

整水器は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)において医療機器として規定されています。
その使用目的・効果は、「胃腸症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成」です。
すなわち電解水素水(アルカリイオン水)を飲用することで、胃もたれや胃の不快感を和らげ、また胃腸の働きを助け、お通じを良好にします。

ただし、電解水素水(アルカリイオン水)は薬ではありませんので、飲用したからと言ってすぐに症状が改善されるものではありません。日々継続的に飲用することで、症状の改善にお役立てください。

電解水素水は、ほかに「アルカリイオン水」や「電解還元水」など、いくつかの呼び名が用いられています。元々、整水器の開発が進められた当時は、生成水がアルカリ性であるという点が着目されたことから「アルカリイオン水」の呼び名が付けられました。

しかしその後の研究によって、生成水に含まれる水素に大きな注目が集まるようになったのです。そのため現在では「電解水素水」「電解還元水」などの呼称が多く用いられるようになっています。

電解水素水(アルカリイオン水)の効果

高濃度の水素水とは?

高濃度の水素水とは?

高濃度水素水とは、文字どおり溶存水素濃度の高い水ということです。
水の中にどれくらいの量の水素が含まれているかを表す単位には、ppm(parts per millionの略)があります。
1ppmとは、例えば1Lの水に水素が1mg含まれている濃度を表します。
一般的に常圧下での飽和溶存濃度は1.6ppmとされていますが、
何ppm以上から高濃度水素水と呼べるかについては特に数値基準もなく、各社により表現は様々となっています。

水素濃度による違いとは?
高濃度だとどうなの?

現在、管理医療機器として認可されているのは電解水素水整水器(家庭用電解水生成器)のみであり、水素の濃度自体に認可はありません。
また、当社と九州大学・東京大学との共同研究からは、同じ溶存水素量の電気分解によって生成された電解水素水と水素ガスを充填した水素水では、電解水素水の方が5倍抗酸化力が高い(ヒト細胞試験)との論文が発表されていますので、一概に濃度が高いほうがいいとも言えません。濃度差による違いについては、これからの研究課題です。

電解水素水は同水素濃度の水素水に比べ HT1080 細胞の細胞内活性酸素消去能が強い

電解水素水は同水素濃度の水素水に比べ HT1080 細胞の細胞内活性酸素消去能が強い

日本トリムの電解水素水について

日本トリムの電解水素水について

日本トリムは電解水素水整水器マーケットシェアナンバー1!*
(売上高/矢野経済研究所「2019年版浄水器・整水器市場の実態と展望」より)
多くのお客様からご支持をいただいてまいりました。
日本トリムの電解水素水整水器が選ばれる理由とは?
当社の電解水素水整水器へのこだわりをご紹介します。

高性能マイクロカーボンカートリッジを搭載

整水器のカートリッジは、どれも同じというわけではありません。
カートリッジの性能の違いが電解水素水の味わいを大きく左右することもあるため、整水器を選ぶ際にはぜひカートリッジにもこだわっていただきたいと思います。

日本トリムの整水器にはマイクロカーボンカートリッジを搭載しており、
これ1本でJIS規格指定13物質+浄水器協会自主規格6物質が除去可能です。
内部に無数の微細孔をもつ多孔性の炭素物質(マイクロカーボン)で構成されており、溶解物質の吸着が早く、濁りなどの微粒子までしっかりと吸着除去することが可能になりました。

高性能マイクロカーボンカートリッジを搭載!

日本トリム独自の技術「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」を採用!

日本トリムの整水器には、長く安心して皆様にお使いいただくことができるよう、独自の技術を備えています。
通常、整水器は電気分解を繰り返すことにより、電極板にミネラルが付着してメッキ状になり、電解能力が低下します。

これを防ぐために、日本トリムの整水器には「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」という独自の技術を採用。電極の極性と水路を定期的に切り替えることにより、ミネラルが付着するのを防ぎます。また、電極板にはプラチナを使用。酸化されにくく、耐久性に優れているので、電極の寿命も長持ちします。

日本トリム独自の技術!

地球にも家計にもeco

日本トリムの電解水素水整水器なら、水道につなぐだけで、好きなときに好きなだけ水素水をお楽しみいただくことができます。
毎日の水分補給にはもちろん、飲み物やお料理を作るときにも水素水をフル活用!
その都度水素水を購入したり、空き容器を廃棄したりする必要はありません。
手間はもちろん、地球環境への負担も減らすことができます。

整水器なら、容器入りや使い捨てタイプの水素水と比べてコストも断然お得です。
トリムイオンGRACEを1日27リットル、5年使用した場合の1リットルあたりの単価は約7円!※
毎日安心して水素水をお使いいただくことができます。

地球にも家計にもeco

TRIM ION GRACEの場合

TRIM ION GRACEを1日27リットル、5年使用した場合の1リットルあたりの単価は約7円!※
本体 248,000円(税抜)、専用カートリッジ 12,000円(税抜)
(248,000円+(12,000円×4本))÷(365日×5年×27L)=約7円(1L)※
※サンプル例であり、使用状況によって金額は前後します。
※電気代、水道代を入れても1リットル当たりの金額は変わりません。

TRIM ION GRACE

トリムの製品については
こちら

トリムの製品についてはこちら

おすすめコンテンツ