監修者のご紹介 | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ - 日本トリム 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ – 日本トリム
水と健康の情報メディア

監修者のご紹介

東北大学病院 客員教授
株式会社日本トリムMD室 室長
樺山 繁

■プロフィール
〇東北大学病院 慢性腎臓病透析治療共同研究部門 客員教授(2020年2月より)
〇これまでのおもな経歴
1997年九州大学大学院遺伝子資源工学専攻細胞制御工学講座博士後期課程単位修得
2000年博士号(農学、九州大学)を取得
2000年株式会社日本トリム入社
2005年MD室・室長就任
2007年株式会社トリムメディカルインスティテュート設立(代表取締役就任)(東北大学発産学共同ベンチャー企業)
2018年一般社団法人電解水透析研究会幹事就任


監修者からのメッセージ

東北大学病院 慢性腎臓病透析治療共同研究部門
樺山繁

2020年1月からの新型コロナウイルス(COVID-19)禍により、ますます人の健康と水の関わりの大切さがクローズアップされてきました。新しい日常(生活様式)においては、マスク着用による体温調整の困難さや在宅勤務に伴う暑熱順化の遅れによる熱中症発症リスクの増大、また冬場においては、マスク着用や換気促進により脱水に気づきにくくなり脱水症リスクの増大が発生しました。そうなることを予測し、共同研究部門から新しい日常における熱中症・脱水対策「先制飲水」を提唱してきました。「先制飲水」とは、まずコップ1杯の飲みなれた日本の水を飲んでから、朝食、マスク着用、運動、入浴、就寝するという習慣です。
詳しくは、次のURLをご参照ください。
https://www.hosp.tohoku.ac.jp/departments/d5000/
そのような中、トリム・ミズラボという水と健康の情報メディアが開設されました。この内容は、健康で快適なヒューマンライフをすごしていただくための水と健康の情報やヒントが紹介されています。キーワード検索により、知りたい情報をすぐに見つけることができると考えます。毎日使う水にこだわりのある方、これまでほとんど関心がなかった方、さまざまな関心度の方が見ていただいても、へー、そうなのかと新しい発見もあるでしょう。新しい発見がありましたら、生活の中に取り入れていただき、またお知り合いやお友達にSNS等で広めていただければ幸いです。

2021年初夏