乾燥対策に水分補給!乾燥肌や風邪の予防にも役立つ水分補給の仕方 | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ - 日本トリム 乾燥対策に水分補給!乾燥肌や風邪の予防にも役立つ水分補給の仕方 | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ – 日本トリム
水と健康の情報メディア
電解水素水の日本トリム ミズラボ 水の知識 水分補給

乾燥対策に水分補給!乾燥肌や風邪の予防にも役立つ水分補給の仕方

乾燥対策に水分補給が重要だということをご存知ですか?肌が乾燥してカサカサになる…空気が乾燥していて喉がイガイガする…そんな乾燥のお悩みを解決する方法のひとつが、水分補給なのです。

では、どうして水分補給が重要なのでしょうか?正しい水分補給の仕方とは?上手な水分補給で乾燥を予防しましょう!

乾燥肌には内側から水分補給

乾燥肌にお悩みの方、多いのではないでしょうか。乾燥肌は、加齢や紫外線、空気の乾燥、生活習慣の乱れなどによって肌のバリア機能が低下し、肌の水分が失われてしまった状態を指します。

乾燥した肌は、さらに外部からの影響を受けやすくなります。その結果、肌荒れが生じたり、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ったりしてしまうこともあるのです。

乾燥肌対策には、お肌の保湿ケアを行うことが重要です。よく泡立てた洗顔料でやさしく丁寧に洗顔した後、化粧水や美容液を使って地肌を整え、水分はもちろんのこと、保湿成分もしっかりと補給しましょう。それと同時に、内側からの水分補給も忘れてはいけません。

成人の体はおよそ60%が水分です。この水分量は加齢とともに水分量は低下し、乾燥肌を引き起こす原因にもなると言われています。乾燥肌対策には、水分補給をしっかりと行い、内側からみずみずしい体をつくることも大切です。

冬の乾燥にも水分補給が重要

秋や冬になると、空気が乾燥し、風邪やインフルエンザが流行します。その原因の一つとして、乾燥による体の防御機能の低下が挙げられます。風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、鼻や口などから体内に侵入します。

これらの粘膜表面は「繊毛(せんもう)」で覆われており、通常は繊毛が小刻みに動くことによってウイルスを体外へ排出するようになっています。しかし、空気が乾燥していると粘膜も乾燥して繊毛の運動が低下し、ウイルスをきちんと排出することができなくなってしまうのです。そこで、水分補給をして粘膜を潤すことが重要なのです。

また、夏は発汗量が増えるため意識的に水分補給をする方も多いかもしれませんが、冬はつい水分補給を怠りがちになります。そのため、冬は知らないうちに脱水が進行する「かくれ脱水」に陥るケースが増えると言われています。

空気が乾燥しやすい冬だからこそ、意識的に水分補給をすることが大切なのです。

乾燥を防ぐ水分補給の仕方

乾燥を防ぐためには、水分補給の仕方にも気を付ける必要があります。まず、乾燥したからと言って慌てて水分補給をするのではなく、乾燥を防ぐためにあらかじめ水分補給をしておくことが大切です。

特に空気が乾燥しているときなどには、意識的に水分補給を行うようにしましょう。日本気象協会のホームページでは、その日の気温や湿度から「うるおい指数」や「風邪ひき指数」、「のど飴指数」といったデータが発表されていますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1日に必要な水分補給量の目安は約1.2ℓと言われていますが、乾燥しやすい時期は少し多めに補給してもよいでしょう。乾燥を防ぐためには、一度にがぶ飲みするのではなく、少量ずつをこまめに飲むことが大切です。

また、冷たいものを飲み過ぎると体が冷えて血液の循環が悪くなりますので、常温程度のものや温かい飲み物を活用するのがおすすめです。

まとめ

それでは最後に、乾燥と水分補給の関係についてまとめておきます。

  • 乾燥肌対策には、保湿ケアと共に内側からもしっかりと水分補給をすることが大切
  • 冬は空気が乾燥して風邪やかくれ脱水に陥りやすいため、水分補給が重要になる
  • 気象情報などをチェックして、乾燥しやすい日にはこまめに水を飲むとよい

<参考文献>
「お水をひと口『ゴクリ』! 新習慣の『簡単・風邪予防法』」日本気象協会
(https://tenki.jp/suppl/sumiyo/2016/11/20/17491.html)