高齢者は水分補給が大切!上手な飲み方やおすすめの飲み物を解説 | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ - 日本トリム 高齢者は水分補給が大切!上手な飲み方やおすすめの飲み物を解説 | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ – 日本トリム
水と健康の情報メディア

脱水症や熱中症を防ぐためには、水分補給が重要だということは広く知られています。とくに高齢者は若年者に比べて水分不足に陥りやすく、意識的な水分補給が求められます。

そこで今回は、高齢者が水分不足になりやすい原因や上手な水分補給の仕方、おすすめの飲み物などについて解説します。

なぜ高齢者は水分不足になりやすい?

最近では、ニュースなどでも高齢者の脱水症や熱中症について耳にする機会が増えました。高齢者は若年者に比べて水分不足に陥りやすく、それが時に重篤な症状を招くこともあると言われます。

では、なぜ高齢者は水分不足になりやすいのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

体内の水分量が減少する

高齢者は若年者に比べて元々体内の水分量が少ないことで知られています。これは、水分を蓄える筋肉の量が加齢とともに少なくなるためです。成人の体はおよそ60%が水分でできていますが、高齢者ではその量が50%ほどにまで減少すると言われます。

また、加齢に伴って食事の量が減るため、水分の摂取量が少なくなることも原因のひとつとして挙げられます。

のどの渇きを感じにくくなる

私たちの体は、体内の水分量が減少すると脳の口渇中枢が刺激され、”のどが渇いた”と感じるようにできています。しかし加齢によって口渇中枢の機能が低下すると、のどの渇きを感じにくくなり、飲み物を飲もうという気持ちも起こりにくくなると言われています。

また認知症の症状がある場合には、飲み物を飲んだかどうかを忘れてしまい、長時間水分を摂取しないままとなってしまうケースもあります。

病気や薬の影響で尿量が増える

加齢に伴う病気や服用薬の影響で尿量が増え、水分不足の原因となることがあります。たとえば、糖尿病になると余分な糖を排出するために尿の量が通常よりも多くなることが知られています。また、降圧剤などの一部の薬には利尿作用があるため、日常的に服用している方は脱水に注意が必要です。

トイレへ行くことの不安

高齢者のなかには、たびたびトイレに行かなければならなくなることや失禁などを心配して、意識的に水分補給を控えてしまう方もいます。とくに夜間や外出時にトイレに行かなくて済むようにと飲水を避けることで、脱水症に陥るケースもあります。

高齢者の上手な水分補給の仕方とは?

高齢者は若年層に比べて水分不足に陥りやすい理由を説明してきましたが、脱水症を防ぐためにはどのように水分補給したらよいのでしょうか。

タイミングや量など、高齢者の適切な水分補給についてご紹介します。

1日1.2Lを目安に、こまめに飲もう

1日のうちで失われる水分の量は、尿や便からおよそ1.6L、呼吸や汗からおよそ0.9Lの、合わせておよそ2.5Lと言われています。食事や代謝から得られる水分量はおよそ1.3Lですから、残りの1.2Lを飲み物から補給する必要があります。

高齢者の方にとって1.2Lの水分を補給するというのは大変に感じられるかもしれませんが、コップ一杯(150ml)程度の飲み物を8回ほどに分けて飲めば目標量を達成できます。一度に大量に補給するのではなく、少量ずつこまめに飲むことを意識してみてください。のどの渇きを感じたときはすでに体内の水分量が不足し始めているサインですので、そうなる前にあらかじめタイミングを決めて水分補給をする習慣をつけるのがおすすめです。とくに運動中や入浴中、就寝中には水分が多く失われますから、その前後は意識的に水分補給を行いましょう。

適切な量の水分補給を行うためには、実際の摂取量をきちんと把握することも大切です。たとえば水を飲んだ回数を紙に記録したり、500mlのペットボトル2~3本に飲み物を入れて水分補給に活用すれば、ご本人はもちろん介護者にとっても、どのくらいの量を補給できているのかということがわかります。目標が目に見えることでやる気が湧き、達成感も得られやすくなるため、楽しく水分補給をしていただけると思います。

周囲からの声かけも大切

前述したように、高齢者のなかには自分ではのどの渇きを感じにくくなっている方や、意識的に水分の摂取量を控えてしまう方もいます。脱水に陥らないようにするためには、家族や介護者といった周囲の人が水分補給をするよう声かけをすることも大切です。夏場の暑い時期はもちろんですが、暖房器具を使う冬も無自覚のまま脱水が進行しているケースがありますので、水分補給を勧めてさしあげるようにしてください。

高齢者の方に水分補給を勧める際には、無理強いするのではなく、一緒にお茶の時間を楽しむなどして水分補給をしたくなる環境を作りましょう。また、トイレに行くことを不安に感じている方には、トイレの場所や時間を確認するなどして、不安を解消してさしあげることも大切です。

高齢者の水分補給に適した飲み物は?

高齢者の方の水分補給においては、どのような飲み物を選ぶかということも重要なポイントです。体に優しくて、美味しく水分補給ができるような飲み物を見つけましょう。

ここでは、飲み物を選ぶ際のポイントやおすすめの飲み物をご紹介します。

飲みやすい飲み物を見つけよう

高齢者の方が自ら進んで水分補給を行うために、まずは飲みやすい飲み物を見つけておくことが大切です。いろいろな飲み物を試してみて、「これなら美味しく続けられる」という飲み物を見つけてみてください。糖分や塩分はとり過ぎに注意が必要と言われますが、必要に応じて糖分や塩分の含まれた飲み物を活用するのも良いと思います。

味の好みだけではなく、飲みやすい温度に調整したり、使いやすい形状の容器を使うなど、快適に水分補給ができるような工夫をするのもおすすめです。また、飲み物を飲むのが苦手という場合は、食事のなかに野菜や果物、汁物などを積極的に取り入れることでも水分の摂取量を増やすことができます。

飲み込みにくい場合はとろみをつけよう

高齢者のなかには、嚥下(えんげ)機能の低下によって飲み物が飲み込みづらいという方も多くいます。そういった方の水分補給には、とろみを付けて飲み込みやすくしたものを活用しましょう。飲み物や料理に入れて使えるとろみ剤や、とろみ付きのお茶などさまざまなものがありますので、使いやすくて美味しく楽しめるようなものを見つけてください。

また、高齢者の水分補給には手軽に活用できて味も良いゼリー飲料も人気です。容器入りのものなら外出先でも手軽に飲めることに加え、シーンに合わせて好きな味のものを選べ、おやつ感覚で楽しめる点も魅力です。

さらに最近では、水に寒天やゼラチンを加えるだけで簡単に手作りできる“水ゼリー”も注目されています。果汁を加えたり、きなこや黒蜜をトッピングしたりと、さまざまなアレンジを楽しむこともできます。

水分補給におすすめの電解水素水

高齢者の水分補給には、手間がなく使いやすいということも求められます。そこでおすすめなのが電解水素水です。

電解水素水とは、整水器を用いて水道水を浄水後に電気分解することで生成される水で、アルカリ性で水素を含むという特徴があります。水道水と同じように使えるので、水を購入したり、空き容器を処分したりする手間もかかりません。塩素などの不純物が除去されているため、まろやかで飲みやすいという声も聞かれます。

さらに、整水器は胃腸症状改善に効果が認められた医療機器であり、胃腸の働きを助けてお通じを良好にします。毎日の水分補給にはもちろん、料理にもよく合い、高齢者の皆さまの健康管理にも役立てていただけます。

まとめ

今回は、高齢者の水分補給の重要性や上手な水分補給の仕方についてご紹介しました。高齢者は体内の水分量が減少することや、のどの渇きに気づきにくくなることにより、脱水に陥りやすいことが知られています。タイミングを決めてこまめに飲み物を飲む習慣を付けたり、周囲の方が声かけをするなどして、1日およそ1.2Lの水分を補給するよう心がけましょう。進んで水分補給ができるように、手軽で飲みやすく、好みや体調に合った飲み物を見つけるのがおすすめです。

<参考文献>
「『健康のため水を飲もう』推進運動」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html)
「冬でも注意『冬の脱水症状』」一般社団法人千葉市医師会
(https://www.chiba-city-med.or.jp/column/090.html)
「脱水症」公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット
(https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/rounensei/dassui.html)
「介護のプロが教える上手な『水分補給』のコツ」セコム
(https://www.secom.co.jp/kaigo/method/20170829.html)