ペットボトルの水 上手に活用するために知っておきたい4つのポイント | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ - 日本トリム ペットボトルの水 上手に活用するために知っておきたい4つのポイント | 水と健康の情報メディア|トリム・ミズラボ – 日本トリム
水と健康の情報メディア
電解水素水の日本トリム ミズラボ 水の知識 ペットボトルの水 上手に活用するために知っておきたい4つのポイント

ペットボトルの水 上手に活用するために知っておきたい4つのポイント

ペットボトルの水、「どれも同じでしょ?」と思っていませんか?一口にペットボトル入りの水と言っても、種類やサイズ、価格はさまざまです。毎日使うものだからこそ、その違いを知って上手に活用したいですよね。

ここでは、ペットボトル入りの水の種類や特徴、ウォーターサーバーや浄水器との違いをまとめました。

ペットボトルの水の種類

ペットボトル入りの水には、次のような種類があります。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、地下水をくみ上げてろ過・沈殿・加熱などの処理を施したもの。一般的に、地下水が地中を移動または滞留する過程で、土壌のミネラル成分が溶け込むとされています。

産地や処理方法によって、ミネラルの含有量(硬度)や炭酸の有無、味わいの違いを楽しむことができます。国産品のほか、輸入品も多く販売されています。

水道水

近年では、水道水をペットボトルに詰めて無料配布または販売するケースも増えてきています。
「水道水はおいしくない」という従来のイメージを払しょくし、水道水の水質向上をPRするという目的があります。例えば東京都では、高度浄水処理100%の水道水を「東京水」と名付けて販売しています。

海洋深層水

深さ200m以上の海水をくみ上げて、脱塩などの処理を行った水。生活排水などの影響を受けにくく清浄であること、光合成が行われないため無機栄養塩類に富んでいること、低温で安定した性質を持つことなどが特性として挙げられます。

RO水

RO膜(逆浸透膜)を用いて水道水や地下水を浄化することにより、水分子以外のほぼすべての物質を除去したもの。不純物やミネラルがほとんど含まれていないことから、赤ちゃんのミルク作りや料理などに使われています。

ペットボトルの水のサイズと価格

ペットボトルの水は、サイズもさまざまです。持ち運びに便利な500ml、自宅用などに重宝される2Lタイプが一般的ですが、それ以外にも350mlや750ml、1.5Lなどがあり、用途に合わせて選ぶことができます。

価格は製品によって異なります。500mlあたり100円前後が相場ですが、水の種類によっては300円以上のものもあります。一方セールや通販などでは、500mlあたり50円前後で購入できる場合もあります。また、同じ製品でも大容量のものやまとめて購入した方が割安になることも多いようです。

ペットボトルの水の賞味期限

近年では備蓄水としても活用されているペットボトル入りの水ですが、気を付けたいのが賞味期限です。ペットボトルの水の賞味期限は製品ごとに定められており、容器または包装に表示されています。保存しているペットボトルの水についても定期的に賞味期限をチェックし、期限内に飲み切るようにしましょう。

また、賞味期限はあくまで未開封の状態を想定したものです。開封したペットボトルの水は、空気や口に触れることにより雑菌が繁殖する恐れが出てきます。封を開けたものは冷蔵庫で保管し、できるだけ早く飲み切ることが大切です。

ウォーターサーバー、浄水器との比較

現代では、ペットボトルの水のほかにもさまざまな水が利用できるようになっています。毎日使うものだからこそ、よりお得に、より快適に、よりおいしく水を楽しみたいですよね。ここでは、ペットボトルの水とその他の水(ウォーターサーバー、浄水器)とを比較してみます。

   ペットボトル  ウォーターサーバー  浄水器
 水の種類 ミネラルウォーター
水道水
RO水
海洋深層水 など
ミネラルウォーター
RO水
水道水を浄水
 価格  Lあたり100~300円程度100円未満の商品も 1Lあたり100~200円程度 本体:数千円から数万円が中心その他交換カートリッジなど
 メリット 持ち運びができる
用途や好みに合わせて銘柄を変えることができる
自宅まで配送してもらえる
冷水と温水をくみだせる
ゴミが出ない
その都度水を購入する
必要がない
 デメリット ゴミが出る
購入や持ち帰りの手間がかかる
サーバーの設置場所やボトルの保管場所が必要 メンテナンスが必要
水の保存には不向き

まとめ

それでは最後に、ペットボトル入りの水についてまとめておきます。

  • ペットボトル入りの水には、ミネラルウォーターのほか、水道水や海洋深層水、RO水などがある
  • サイズは一般的な500mlと2Lのほか、350ml、750ml、1Lなどがある
  • 価格は500mlあたり100円前後が相場だが、製品や購入方法、購入場所によって幅がある
  • ペットボトルの水は賞味期限をチェックするほか、開封後はできるだけ早く飲み切る
  • ウォーターサーバーや浄水器を使う場合とのコストやメリット・デメリットなどを比較し、上手に活用することが大切

<参考文献>
PETボトルリサイクル推進協議会
(http://www.petbottle-rec.gr.jp/)
一般社団法人日本ミネラルウォーター協会
(https://minekyo.net/)
一般社団法人浄水器協会
(http://www.jwpa.or.jp/)
「ペットボトル『東京水』」東京都水道局
(https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/tokyosui/)
「水道水とペットボトルの水はどう違うの?」農山漁村文化協会
(http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/200711/01_1.html)