野菜の水やりを楽しむための5つのポイント | トリム・ミズラボ 野菜の水やりを楽しむための5つのポイント | トリム・ミズラボ
TOP TRIM Media 水の知識 料理・飲み物

野菜の水やりを楽しむための5つのポイント

野菜を育てる際に気になることと言えば、水やりの仕方ではないでしょうか。

  • 水やりの回数は?
  • 時間帯は?
  • 量は?
  • 温度は?
  • 与える水の種類も重要?

ここでは、野菜の水やりの5つのポイントについてみていきます。

水やりの回数

水やりの仕方は気候条件や野菜の種類、生育時期によっても異なるため、一概に「1日に○回」とは言えません。土の乾燥具合などを見ながら、必要に応じて水やりすることが必要です。

地植えの場合

それほど頻繁に水をやる必要はありませんが、植え付け時や雨が降らない期間が長い場合などは意識して行うようにしましょう。

鉢植えの場合

土の表面が乾いているようであれば、水やりが必要です。ただし、表面は渇いていても鉢底には水が溜まって根が窒息気味になっている場合もありますので、竹串を刺して下部の土の乾燥具合をチェックするなど、鉢全体の状態をチェックする必要があります。

水やりの時間帯

水やりで気を付けたいのが、時間帯です。基本的には、植物が活動を始める前、つまり朝の時間帯に水をやるのが望ましいと言われています。

夏場の日中の高温時に水をやると、土中で水温が上昇してしまうので注意が必要です。日中に野菜がしおれてしまう場合には、涼しくなった時間帯にもう一度水やりを行うのもよいでしょう。

寒冷期は、地面の凍結が融けた午前中の時間帯を選びます。冬の夕方に水やりをすると、夜間のうちに水が凍結してしまう恐れがあるので気を付けましょう。

水やりの量

鉢植えの場合には、“プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷり”と水をやるのが基本です。根腐れの原因になるので、受け皿の水はきちんと捨てましょう。

地植えの場合には、土全体が湿るくらいに水やりをします。

ただし発芽直後や苗が小さい段階で水をやりすぎると、根の張りが弱くなったり葉が茂り過ぎたりと、野菜自身の成長を妨げてしまうこともあります。これらの時期にはやや控えめに、やさしく水を与えることがポイントです。

水やりの温度

水やりでは、水の温度も重要です。水やりに適した温度は、基本的には常温です。人間も冷たすぎる水を飲むと内臓に負担がかかって良くないですが、野菜においてもこれは同じで、水が冷たすぎると吸収が悪くなると言われています。

反対に、夏場はホース内に溜まった水が高温になっていることも多いので、野菜に与える前にきちんと温度を確認するようにしましょう。

水の種類

もう一つ、野菜に与える水には種類の違いもあります。人間の飲み水としてもさまざまな種類のものが流通していますが、野菜にはどの水が適しているのでしょうか?

水道水

使い勝手やコストの面から見て、もっとも使いやすいのは水道水です。人間の場合にもそうですが、水道水は塩素が含まれている点がしばしば問題に挙げられることがあります。

ただし水道水に含まれる程度の塩素であれば、野菜の生育に大きな問題を与えることはないとされています。気になる方は、一晩汲み置きをしてから使うのもよいと思います。

ミネラルウォーター

飲用水として頻繁に利用されるミネラルウォーター。野菜にもよさそうな気がしますが、具体的にミネラルウォーターが生育にどう影響するかはわかっていません。コストなどを考えると、敢えてミネラルウォーターを与える必要はないかもしれません。

また、冷蔵庫で冷やしたものやサーバーの冷水などは、野菜にとって冷たすぎることもありますので注意しましょう。

その他の水

家庭菜園ではあまり馴染みがありませんが、農業の分野ではさまざまな特性の水が使われるようになっています。

例えば電気分解によって生成される電解水素水を使うことで、収穫量の増加や糖度の高さなど付加価値の高い野菜栽培を目指す取り組みが今、注目を集めています。深海から汲み上げた海洋深層水も、農業分野での活用が進められています。

まとめ

それでは最後に、野菜の水やりについてまとめておきます。

  • 野菜の水やりの回数は、地植え・鉢植えといった栽培環境や、土の具合、天気によって変わる
  • 水やりを行う時間帯は朝が基本だが、季節や気温に合わせて対応する必要がある
  • 野菜の生育期にはたっぷりと、発芽直後などは控えめに水やりをする
  • 野菜に与える水の温度は常温が基本
  • 野菜に与えるのは水道水でよいが、農業分野では電解水なども使われている

<参考文献>

NHKテキストView http://textview.jp/post/hobby/3873